意外とこの様な活用法も出来ると思わなかったかも知れない

この秋から消費税が10%に引き上げる事でこれが注目となっているのがQRコードなどで利用する「キャッシュ決済」となるが昨年の暮れにpaypayが購入した分を還元をしていた事で一気に火をつけたと思われたがすぐに終わった感じもあったが今度はLINEpayが今度は仕掛けてきたと言うがいろんな所で「pay」が誕生してきているがここにも影響が出てるのが正月に渡している「お年玉」となるがちょっと異変も起きているらしい。

本来は手渡しでお年玉を親から子に渡していると言うが最近の子供はスマホを持つようになったのかそこにお年玉をキャッシュレスを入れたと言うが実はこの様な事をしている事で効果も出ていると言うが特にLINEを利用している人にはわかりやすくなっている。

それが無駄遣いをしてないのか確認もできるので使い過ぎにはなってないのかとこうした効果も出ているが実は毎月のお小遣いでもキャッシュレスでしている人もいるので効果的だと思っているがpayは利用する店が限られているのでこうした利用もできる。

中国などはこの様にスマホ決済にしているので支払いもここからとなるがお年玉もこれを利用している所が多いらしい。

こうした事で利用する事が出来ると言うが確認をするのには子供の容認や理解をする必要があるので簡単にはできないがお年玉もキャッシュレスでやるのもいいかもしれないが小学生でも合計して1万円は超えていると言うが親が預けてしまう事が多いという事になるのでそうはできないという事になったかも知れないと感じる。

子どもの小遣い管理をするのもキャッシュレス決済が効果的だと思っている所もあるが中学生ぐらいになると小遣いも増えてしまうかも知れないがここも活躍は出来ると感じているのでもっと出来る店は増えてほしいと思うのです。ミュゼ 足