世界陸上であのような格好悪い負け方をして引退の花道を飾れなかっただけに、やはりボルトにもう一花咲かせてやりたいというファンの思いは世界中に満ち溢れているように思えます。
それはボルト人気が衰えていないかという証でもあるので、ある意味世界中が注目しているボルトのサッカー転向も割とスムーズにいくように思えます。
流石にいきなりトップリーグデビューとはいかないまでも下部リーグからだと十分活躍は見込めそうですから、既に気が早い10チーム以上からオファーが来ているのもうなずけます。
誰が監督であろうとボルトが入ったチームは、近代サッカーにおける最もシンプルな戦術と言われるただ蹴って走るだけのキック&ラッシュ戦法を繰り返せばいいだけで勝てるはずなので、ボルトは年齢的には30才を越えてますが遅咲きにしてはかなりの逸材であることに疑いの余地は無いと思います。
まさかの金銭面でボルトが我がままを言い出さない限りスムーズにサッカー選手デビューは果たせるものと確信しています。

前日は自分のいるいなかの空模様は日本晴れで気持ちのいい風が吹いていました。この時期のUVはさんざっぱら手強いもので、裸になってビーチに寝ていたらとんでもなく日焼けをしていました。こういう日焼け夏に講じる日焼けより思いの外厳しく結構痛くて夕刻も眠れませんでしたね。朝から休日だったので海岸線を散歩していたのですが、ずいぶん気持ちのすばらしい改正でもっぱら海にサーフィンのために入りたくなったんですが。少々流れが荒かったのですやめました。転寝してからの昼過ぎは引き続き電車で近くの書房まで向かいそこでノマドワーカーとして取引。気持ちいいぶりが西から吹いてきて気持ちのすばらしい気温で緻密に売り買いができましたね。夕暮れはもう一度家の近くに戻って海岸線を散策。近くには好ましい宿屋のスイートルームがあり嬉しいお広場ですなと思ってみながら脇を通り過ぎたんですが、何しろ故郷に住んでいながらスイートルームに泊まる仕打ちなんて稀なのかな。引き続き家に帰って火照った皮膚を床につけないようにして寝ました。

 本日は、数週間前に知り合うことができたタピオカドリンクバーではたらく女房との初デートに失敗をした日の明日だ。女房がパート終わりにタイミングが出来るのでコミットをしていたのですが、さて、どこかに行こうかという直前になって、「ママとのコミットが入っちゃってすみません」と言われました。デートがしたくなくて、道理をつけて、断ったのか、それとも、一体全体要件が入ったから断ったのか、本当の道理については、分かりません。本当の道理が分かったところで、どうすることもできないのですが、今後も断られ続けると、もしかすると、前もって、あたいとお人付き合いをしたくないから断っているのかなと思ったりします。
 「お人付き合い」や「デート」という表現をすると、女房には、恋人がいないのだろうとお想いにのぼる方もいるかと思うのですが、女房は恋人保ちだ。ただ、女房のクライアントから「ブラブラして遊ぶくらいならいいですよ。」と言われたので、プランをしたデートでした。
 次に陥るように、手土産を授ける工夫もしております。先行き、どうしてなることやら。小学生 視力回復 田中